公開日:

筋肉をつけたいなら太るしかない!バルクアップをしよう!

筋肉をつけたいなら太るしかない!バルクアップをしよう!

筋肉を付けるには脂肪と共に筋肉を増やしていく必要があります!

どうもkawarionです!

筋肉があるとたくましい体に見えてかっこいいですよね!

男だったらたくましい腕や胸、割れた腹筋に憧れるのではないでしょうか。

筋肉を付けようと筋トレを頑張る人もいると思います。

しかし、筋トレばかりしていても筋肉量はそこまで増えません。

筋トレだけでは筋肉量は増えないんです。

バルクアップをしなければいけません!

自宅で、腕立て伏せや腹筋をしていてもバルクアップが出来ていなければ筋量も増えていきません。

では、バルクアップについてお話してきます。



バルクアップとは

バルクアップを簡単に説明すると、摂取カロリーを多くし脂肪と共に筋量を増やしていくことです。

摂取カロリーより消費カロリーが上回ってしまういくら筋トレをしても筋肉は発達してくれません。

体重は痩せていくのに筋量が増えるわけがないのです。

筋肉を増やすには、オーバーカロリーな状態で筋肉に刺激を与えなければいけません。

つまり、いっぱい食べなければいけないのです。

いっぱい食べて、筋肉の原料となるたんぱく質を摂取します。

すると、体重と共に筋肉も増加するわけです。

筋肉を付けたいなら、バルクアップをしなければいけません。

太る重要性

筋肉量の増加は脂肪と共に増えます。

なので、バルクアップ時は体重増加を目指します。

筋トレをしているのに太りたくないという方がいると思いますが、筋量を増やすには一回太らなければいけないのです。。。

たくさん食べて、筋肉を肥大させる環境を作ってあげなければいけません。

 

かっこよくなるには、一度太らなければならないなんて。。。

太る事の重要性をお分かりいただけましたか?

筋量を増やす登竜門ですね。

冬場にバルクアップをして春から減量すれば、薄着の夏には締まった体になれるのではないでしょうか?

目的の時期に合わせてバルクアップと減量を考えていきましょう。

太らないで筋量を増やすのは難しい

太らないで筋量を増やすことはすごく難しいです。

クリーンバルクと言って、あまり脂肪を付けずに筋量を増やしていく方法がありますが、筋量の増え方は微量です。

やはり、太りながら筋量を増やしていくのが一番の近道です。

何かを得るには代償が必要なのと同じで、筋肉を得るには脂肪が付いてきてしまうんです。

なので、マッチョになりたかったら一度太る事をお勧めします。

脂肪と筋肉を付けて、減量することによってマッチョになることが出来るのです!

太る覚悟を持ってバルクアップしましょう!

筋トレより食事が大事

バルクアップをしていると筋トレばかりに目がいってしまいがちですが、食事も非常に大事です。

個人的な意見では、筋トレよりも食事が大事だと感じます。

もちろん、筋トレをしないで食事だけ摂れば良いというわけではありませんが、最低限筋トレをしながら食事をしっかり摂る事が重要となります。

いくら筋トレを頑張っていても、食事量が足りていなければ筋肉になってくれませんからね。。。

食事は空腹時を無くし、常にカロリーオーバーな状態を作ってあげましょう。

筋トレ3:食事7くらいの割合でも良いと思います。

ただし、カロリーオーバーにするためにハイカロリーなものばかり食べるよりも、たんぱく質多めで脂質を極端に摂らない方法をお勧めします。

たんぱく質を摂らずに、ハイカロリーなものばかり食べても太るだけですからね。。。

筋肉を作るにはタンパク質が必要という事を頭に入れて、カロリーオーバーな状態を作っていきましょう!

食べるのは結構大変です。

思った以上に食べるのって大変なので、気合でいっぱい食べましょうね!

まとめ

筋肉を増やすには太らないといけません。

締まった体にしたい人は、減量の為の筋トレをするべきです。

ただ、筋肉量を増やしていきたいなら太りましょう。

太る事からは逃げられません。

太って筋肉を付けて減量。

これがマッチョへの道です。

バルクアップする際は、プロテインが無いとたんぱく質を補えないので、プロテインを飲むことをお勧めします。

ちなみに、僕が使っているプロテインはゴールドスタンダードと言う定番プロテイン!

気になる方は調べてみてくださいね!

たくましい筋肉質な体を手に入れる為に、頑張ってバルクアップをしていきましょうね!

努力あるのみです!

ではでは!





筋トレカテゴリの最新記事