公開日:

ギターで曲をコピーする際の大切な習慣。

ギターで曲をコピーする際の大切な習慣。

皆さんは曲をコピーする際にどうやっていますか?

タブ譜、耳コピ、目コピ。

やり方は色々ありますが、コピーする際に一つだけ習慣化してほしいことがあります。

それは、ギターの音を覚えるまで聴き込む事!

簡単そうで難しいんですよねー。

この事をしっかりと習慣化していればメキメキと上達しますよ!

では、詳しくみていきましょう!



どう聴くのか?

しっかり聴くと言っても、具体的にはどうすれば良いの?

って方、いらっしゃいますよね?

僕が言うしっかり聴くと言う事は、曲のギターパートだけで歌えるようになると言う事です。

ん?

よくわからん。ってなりますよね?笑

曲のギターパートを音で丸暗記します!

全て口ずさめるくらいまで覚えます。

これが非常に大事!

思い出せないフレーズを弾くことは出来ません。

なんとなく指で覚えていても、何かの拍子に忘れてしまったら思い出せないのです。

そんな時に、音で覚えておけばすぐに弾くことが出来るのです!

それくらい聴き込むと上達します!

音楽は聴き込むことが大事ですよ!

音で覚えるメリット

音で弾くことが出来るようになってくると、この音の次はこれかな?

みたいな経験値を得られます!

これが非常に使えるんですよ!

曲という完成されたものをしっかりと聞き込むと、パターン化されている事に気が付きます。

聴きこまないで練習していると、この事に気がつくのが遅くなるか、最悪気が付きません。

この事に気が付くのと気が付かないのでは、今後のギター人生を大きく左右しますよ!

音を意識すると自分の感性が磨かれて、耳コピも上達します。

ギターをコピーするときは、運指も大事ですが音も大事です!

細かいニュアンスもコピー出来る

しっかりと聴き込む事によって、細かいニュアンスもコピーできます!

完コピに必要な要素ですよね!

同じ音なんだけど、ちょっと響きが違うなー。

と思ったら、違う弦だった!みたいな感じ。

分かる人には分かる!

みたいなコピーが出来ます!

こういうこだわりが音楽には大事なのかなーと思ったり。

楽曲のファンだったら完コピをしたい!って思いますよね!

しっかりと聞き込めば出来るようになります!

僕の失敗談

僕の失敗談です。

僕はコピーを始めるときにすぐ弾きたくて聴き込まないままコピーする癖が付いていました。

分からない場所は動画サイトなどで調べて、すぐにコピー出来る方法をしていました。

とにかく、速く楽にコピーしていたわけです。

このせいで、しっかり聴くという能力が培われなかったんです。

しっかり聴く能力があればコピーしていくうちにどんどん上達していくんですが、僕はこれを怠っていたんで上達が遅くなってしまったんです。

しっかり聴く事が上達への道だという事を、ギターをコピーしていくうちに思い知りました。

なので、皆さんもコピーする曲はしっかり聞き込みましょう!

まとめ

音楽は弾くことも大事ですが、聴くことも同じくらい大事です。

有名なギタリスト達も先人の良い音楽をいっぱい聞いて真似て自己流に変えていったのです。

真似る前に聴く。

これが必要だと思います!

音楽をいっぱい聴くことで自分の音のレパートリーも増えますしね!

ただ、聞き流す程度ではダメです!

通勤、通学の時にぼーっとしながら聞いているだけではダメ。

しっかりと意識して聴くことが重要になります。

しっかり聴くことによって、自分の耳が鍛えられるわけです。

曲をコピーする際は、しっかりと聞き込んで練習するように心掛けましょうね!

ではでは!



ギターカテゴリの最新記事