公開日:

ピックの角度などを考える。ピッキングは奥深い。

ピックの角度などを考える。ピッキングは奥深い。

ピッキングは本当に奥深い。。。

どうもkawarionです。

ギターを弾いているとピッキングで悩みますよね。。。

ミスが多くなったり、ピックが引っかかる感じがしたり、安定しない事が多いんですよねー。

この記事にたどり着いた方もそんな方だと思います。

今日はピッキングについて考えていこうと思います。

ピックの角度やピックの当て方などを追求していけば安定したピッキングが出来ます。

ギターが上手い人ってピッキングがすごい上手いんですよ。

音の粒が揃ってるし、ミスもないし、速さもあるし、正確。

そんなピッキングを目指して頑張っていきましょう!



ピックの角度

弦に対してどういう角度でピッキングすれば良いか悩みますよね。

これは人によって様々ですが、少しピックに角度をつけて弾くのが一般的です。

弦に対して垂直に弾いてしまうと、速さや滑らかさに欠けてしまうことが多いです。

逆にピックを寝かせすぎるとハリのない音になってしまいますので、寝かせ過ぎないで自分の弾きやすい角度を見つけましょう。

経験あるのみなので、たくさん練習して体に覚え込ませましょうね!

弦に対して、少しだけピックを寝かすが、寝かせ過ぎない。

これを徹底しましょう!

弦への当て方

ピックを弦にあてる際に気をつけなければいけないのは、音の粒ですね。

よくあるのが、アップピッキングとダウンピッキングで音に差が出てしまう事です。

できる限りアップダウンのピッキングを統一しましょう。

弦の当て方を同じにすれば、力加減もコントロールしやすくなります。

アップとダウンの差をできる限り無くしましょう!

これが案外難しいんですよねー。

アップピッキングが不安定になっちゃうのが多いですかねー。

力加減とピックの感覚を意識して練習あるのみです!

ノーミスを目指す

ピッキングのミスは演奏に大きく関係します。

特にソロパートを弾いている時は尚更です。

練習からノーミスを目指しましょう!

ミスを意識するのとしないのでは、練習の質が全然違います。

ミスを意識しない練習は、適当な練習をしているのと一緒ですよ!

ピックの角度、手の振りや位置などを意識します。

観客がいると思い込んで練習します。

しっかりと自分の苦手なところを克服していきましょう。

ピッキングの正確さを手に入れることが出来れば、ほとんどの曲を弾くことが出来るでしょう。

日頃からノーミスを目指して頑張っていきましょうね!

ピックの先でピッキングする

ピックの角度もそうですが、ピックのどこで弾くかも大事です!

僕がオススメするのはピックの先端で弾く方法です。

特に、速いフレーズを弾く時には効果大です!

速いフレーズを弾くにはピックの先端で弾きましょう!

なぜかというと、ピッキングの無駄な動きを減らす事が出来るからです!

ピックを深く入れて弦を弾いてしまうと、手の動きが大きくなり、ミスが多くなります。

そして、速いフレーズなども弾きづらくなります。

ピックの先端で弾く事も意識してみてください!

まとめ

僕自身、ピックの角度は悩みましたねー。

一人で試行錯誤してどこが一番安定して弾けるかを考えてましたもん。

人によって弾きやすいポジションだったり、運指だったりがあると思います。

それと一緒で、ピッキングにも自分が弾きやすいポジションがあります。

垂直過ぎず、寝かせ過ぎず。

手の位置もありますよね。

自分で安定感のある弾きやすいポジションを見つけましょう!

ピックは深く入れずに先端で弾くのがおすすめですよ!

ピッキングはものすごく悩むと思いますが、是非とも悩んでください!

それが成長に繋がりますから!

頑張って練習して、安定したピッキングが出来るように頑張りましょうね!

ではでは!





ギターカテゴリの最新記事