公開日:

やりたい仕事を見つける重要性。就職先はしっかり選んで!

やりたい仕事を見つける重要性。就職先はしっかり選んで!

やりたい仕事を見つける事が出来た人とそうでない人では、人生のやりがいは全く違うものになると思います。

どうもkawarionです。

皆さんは好きなお仕事をしていますか?

興味のある仕事や楽しさを感じられる仕事をしていますか?

やりたい仕事に就けている人はなかなか少ないものです。

大体の方は、お金を得る為に仕事をしていますよね?

お金を得るために仕事をして生活費と娯楽費を稼ぐ。

給料が高ければ高い程、生活水準も上がります。

しかし、仕事は60歳までずっと続きます。

これからの時代は65歳までになるかもしれません。

お金を貰うためだけに働くのは結構キツイものがありますよね。。。

そこで、やりたい仕事ややりがいのある仕事の重要性を感じたわけです。

今日は、やりたい仕事を見つける重要性についてお話していきます!

人によって価値観は違います。

僕の価値観でお話をしていくので、参考までに聞いてくださいね!



嫌な仕事を続けることが良い事なのか

嫌な仕事をずっと続ける事は良い事なのでしょうか?

辞めない事は偉い事なのでしょうか?

僕は嫌な仕事を続ける事はもったいないと思うんです。

嫌な仕事を経験するのも人生経験として大事な事だと思います。

しかし、その仕事を続けていく事はもったいないですよ。

辞めない理由は色々あると思います。

給料が良い会社だから。

人が少なくて辞めづらいから。

仕事を辞めることに抵抗があるから。

人によって色々あると思います。

しかし、自分が嫌だなと思う仕事をずっと続けていくのはどうなのでしょうか?

働きづらい環境で60歳まで働いて、良い人生だったと言えるのでしょうか?

僕だったら良い人生だったとは言えないと思います。

生活水準を落としてでも、辛い仕事を辞めてやりたい仕事に就いたほうが良い人生になると思います。

その分、節約をしたり外食などを控えればいいのですから。

嫌な仕事を続ける事は幸せと真逆だという事を理解してください!

仕事からは逃げられない

人生で仕事からは逃げられません。

家庭を持つ人は更に逃げられません。

ほとんどの方は仕事を継続して続けなければいけないのです。

仕事からは逃げられないのであれば、継続しやすい仕事に就いたほうが良いと思います。

若い頃は体力もあるし、やる気もあるのでどんな仕事でも頑張れます。

しかし、歳を取るごとに楽を覚えたり、体の疲れが来るので仕事は選んだほうが良いです。

職場の同僚や上司で嫌な人がいる場合も、その人が辞めるまではずっと一緒に働かなくてはいけません。

サラリーマンは大変だ。。。

歳を取ると、仕事を選べなくなってしまいます。

若い人の強みは色々な事にチャレンジできる年齢であることです!

人生で仕事からは逃げられないので、若いうちに色んな事にチャレンジし経験を積んで、自分が良いなと思う仕事を続けていくのがよいのかなと思います!

どうせ仕事をしなければいけないなら、楽しい方がいいじゃないですか!

やりたいことをする充実感

やりたいことをする充実感は何とも言えない気持ちよさがあります。

毎日の感じ方が違いますね。

嫌な仕事をしている人は、出勤日は憂鬱でしょう。

出勤日の前の日も憂鬱でしょう。

週に5回働いている人は6回も憂鬱になるわけです。

この憂鬱が、やりたい事を仕事にすると半分くらいに減ります。

中には、楽しいと感じて憂鬱にならない人もいます。

やりたい仕事をするだけで、充実感が得られるし、幸福度も高まります。

嫌な仕事とやりたい仕事、どちらをやりたいかと聞かれたら、どう答えます?

やりたい仕事と答えますよね?

嫌な仕事を選んでいると、そこで幸福度は変わりますよね?

幸せになる為に人生を送ります。

生きる為に仕事をします。

仕事が嫌だったら、幸せになれないと思いませんか?

給料は良いが、仕事が嫌だったら幸せになれますか?

給料も良くて、仕事も楽しいから幸せになれるのです。

目先の金額を追って、辛い仕事をずっと続ける人が多いですが、やりたい事を仕事にしてやりがいを持つ事がすごく大事なのです。

やりがいは人生にとって無くてはならない刺激なのです!

人生のストレスを緩和する

世の中のすべての人が思っているのではないでしょうか?

ストレスを無くしたいと!

ストレスがあるだけで、気持ちがも沈んでしまうし仕事に行きたくなくなりますよね。

やりたい事を仕事にすることで人生のストレスは半分以上減らすことが出来るのではないでしょうか?

いかにストレスが無いかで、人生の幸福度が決まると言っても過言ではないかもしれません。

サラリーマンは感じるわけです。

明日、行きたくねーなー。

これを、明日も頑張るか!に変えるだけですごく楽しい人生になると思うんです。

しかし、仕事に対して前向きに考えるのは難しくて、自分の好きな仕事でないと簡単には前向きに考えることはできないでしょう。

人生のストレスを緩和する意味でも、やりたい仕事をするのが良いと思います!

まとめ

やりたい仕事を見つける事が人生にとってどれほど良いかが伝わりましたか?

やりたいことが見つからず、人生の半分相当の時間を嫌々労働し、65歳まで続けていく。

人生の時間がもったいないと思ってしまいますね。

仕事からは逃げられないので、人生のプラスになるような仕事をしたほうが人生は豊かになるのではないでしょうか?

確かに、給料も最低限は貰わなければいけません。

子供を養う人は更にお金が必要になるでしょう。

しかし、給料ばかり追ってしまい、お金はあるけど幸せと感じなくなってしまったらどうでしょう。

生活が成り立つ最低限の給料が貰える会社の中で、自分が一番合っている!

と思う会社に就職するのがよいでしょう!

自営するのもありですよね!

自営する時は人生が破綻しないように注意も必要ですが。

仕事にやりがいを持って取り組むことが出来れば、生活はよりよいものになるでしょう。

仕事は自分の時間をものすごく費やすものですので、どんな仕事をしたいのかをしっかりと考えて就職すると良いでしょう!

皆さんの人生が楽しいものになるように、色々考えて頑張りましょうね!

ではでは!

↑就職情報が多いdoda!




仕事・生き方カテゴリの最新記事