公開日:

ルーパーならBOSS RC-30がおすすめな理由。実際の使用感も含めた感想!

ルーパーならBOSS RC-30がおすすめな理由。実際の使用感も含めた感想!

ルーパーが欲しいなと思っている方向けの記事です!

ルーパー初心者は見ていってくださいね!

どうもkawarionです!

ループプレイに興味がある皆さん。

ルーパーが欲しいなと思ってもどんなものを買えばいいか分からないですよね?

今日は、ルーパー初心者におすすめのルーパーを紹介します。

その名も、BOSS RC-30!!!

なぜ、このルーパーが良いのかというのを、実際に使用した感想を交えてお話していきます。

興味のある方は見て行ってくださいね!

では行きましょう!



ルーパーを選ぶ基準

まずは、ルーパーを選ぶ基準を考えていきましょう。

ルーパーを買う際に最低限、理解していないといけないのは以下の通りです。

録音トラック数

録音時間

録音トラック数は、自分がどのくらい音を重ねていきたいかによって選びます。

より複雑なループプレイをしたいのであれば、録音トラック数が多いルーパーを選ばなくてはなりません。

逆に、シンプルなループプレイをするのであれば、録音トラック数が少なくて良いわけです。

 

録音時間も音をたくさん重ねる人は、録音時間が多くなくてはいけません。

エフェクターやアンプに付いているルーパーなどは、短い時間しかループできない事が多いです。

ルーパーを買うのであれば、大体は長い録音時間となっていますが、念のためチェックしたほうが良いと思います!

RC-30の良い所

では、RC-30の良いところを紹介していきます!

僕がこのルーパーを買う決め手となった項目ですので、参考までにチェックしてみてくださいね!

録音トラック数が2つ

録音トラック数が2つあれば、結構色んな事ができます。

例えば、トラック1にギターコードを録音、トラック2にコーラスを録音。

みたいな使い方も出来ます。

録音トラックが1つしかないと、ギターソロなどが主になりますが、ループプレイをしたのであれば最低2トラックは必要だと思います。

ループプレイに慣れてきて、もっと高みを目指したくなったのであれば、グレードアップしていくのが良いでしょう。

録音時間が長い

ルーパーは録音時間が長いです。

RC-30も録音時間が最大3時間あります!

凄いですよね。。。(笑)

僕はそこまで使わないですが、極端に短いルーパーなどはお勧めしませんね。

録音時間で困る事はありません!

値段が比較的安価

RC-30は2トラック仕様なので、比較的安価です。

トラック数が多くなるにつれてお値段が高くなるので、RC-30は初心者におすすめですよ!

ルーパー初心者は飽きてしまう事も多いので、最初は最低限のループプレイが出来る物から始めたほうが良いと思います。

ちなみに、世界的アーティストのエドシーランもこのRC-30を使っていたんですよ?

なので、このルーパーは結構やれます!(笑)

お値段も安価でお勧めですね!

持ち運びが楽

サイズが小さいので持ち運びがすごく楽!

ストリートでやる方などは重宝するのではないでしょうか?

家で練習する時も、大きいとスペースを取ってしまいますがRC-30は小さいので場所を取りませんよ?

これだけ小さくても性能はバッチリなのですごいですよね。

持ち運びはすごく楽なので、移動が多い方にはもってこいのルーパーです!

フットスイッチを使うと操作性アップ!

ペダルが2つしかないので、操作性の面で不満がありました。

しかし、フットスイッチを使う事で操作性がアップします!

トラックの切り替えが楽になりますね!

RC-30のトラックの切り替えは2秒間ペダルを踏み続けなければいけないので、瞬発力に欠けてしまいます。

フットスイッチを踏むだけでトラックが切り替わるので、ライブをするなら必須かもしれません。

利便性を考えるなら、フットスイッチの導入をお勧めします!

使ってみての感想

使いやすいです。

ルーパーとしては性能抜群です。

しかし、先程も言ったのですが、フットスイッチがあれば更に良いです!

RC-30だけだと、使えなくはないんですが操作性が悪いところがあります。

それらを補っていきましょう!

トラックによって音量を変える事ができるし、マイク接続できるのですごく重宝しています!

リズム機能が付いているんですが、僕は使いませんね。(笑)

価格から見ても、まじですごいルーパーだなと感心しています。(笑)

まとめ

僕が説明するよりも、RC-30を使ったループプレイを見たほうが分かりやすいですよね?

ご覧ください。

先ほどお話した、エドシーランと言うアーティストです。

これだけのプレイがこのRC-30で出来ます。

性能の良いルーパーを買う前に、RC-30でこのくらいの演奏を出来るようになるのが先だと僕は思います。

この動画を見て頂ければ感じてくれると思いますが、すごい演奏ですよね?

まずは、RC-30でこのレベルを目指しましょう。

このレベルまで行って不満があるのであれば、新しい機材を導入しましょう。

ループプレイはなかなか奥が深いので、ぜひ頑張ってみてくださいね!

ループプレイでギターライフに刺激を与えましょう!

ではでは!



ギターカテゴリの最新記事