公開日:

ギターを弾く時間が少ない方へ。ギターが上手くなる2つの考え方!

ギターを弾く時間が少ない方へ。ギターが上手くなる2つの考え方!

どうもkawarionです。

私生活が忙しくてギターを弾く時間が無い!

なんて方いらっしゃいますよね?

ギターが上手くなるには練習するしかありません。

ギターを弾く時間が無いという事はギターが上手くならないという事です。

プロの方もたくさんの練習と努力でプロになっています。

しかし、サラリーマンの方など、なかなか時間を確保できないのが現状ですよね。

なので、日頃から時間の無いサラリーマン向けのギターが上手くなる2つの考え方をお伝えしていきたいと思います!

短い時間で効率よく練習して上手くなっていきましょう!



時間を作る工夫をする

一つ目は時間を作る工夫をするということです!

ギターを弾く時間を確保できなければ、どんなに良いギター練習であっても意味がありません。

なので、ギターを弾く時間を確保しましょう!

一日の時間は24時間しかありません。

この24時間をフルに使ってギター練習できるようにしていきましょう!

仕事から早く帰宅する

残業をしている方は仕事のやり方を見直し、少しでも早く帰宅できるようにしましょう。

残業は自分の可能性を潰してしまいます。

時間が無くなる事は自分の可能性をめちゃめちゃ狭くしてしまいますよね。

残業代も必要だとは思いますが、自分への投資も大事です。

30分早く帰る事が出来れば、30分ギター練習出来ますよね!

30分ギター練習できれば結構うまくなりますよ!

毎日は無理でも週に1,2回は早く帰ってこれるように工夫して頑張りましょう!

家事を手早く終わらせる

家庭を持っている方は家事もありますよね?

仕事から帰ってきてから家事や育児などもあるのでギター練習どころではないと思います。

実際、僕も帰宅してから2時間くらいは家事と育児で持っていかれます。(笑)

自分がギター練習したかったら高速で家事をこなすしかありません!

仕事中だと思って、てきぱきと家事をこなしましょう!

ゆっくりやるのと、急いでやるのでは10分くらいは違いますよ?

少しでも時間を作っていきましょう!

家での娯楽の時間を削る

仕事が終わってテレビを見ながらゆっくりしたいですよねー。

しかし、テレビを見るのも極力控えましょう。

お酒を飲む人もギターを弾きながらお酒を飲みましょう!

娯楽の時間を全てギターにつぎ込みましょう!

長風呂の方も手短に済ませましょう。

時間を作るのです。

仕事が終わって疲れているとは思いますが、ギターを弾く為なので仕方ありません。

ギター練習をする時間を空ければよいので、それ以外で時間が余るのであれば自分の好きな事をしてもよいでしょう!

睡眠時間を削る

どんなに頑張っても時間を作る事が出来ない!

そんな方は奥の手を使うしかありません。

睡眠時間を削りましょう。

6時間睡眠している方だったら、5時間半睡眠にしましょう。

睡眠時間を削って少しでもギターを弾く時間を作りましょう。

僕も睡眠時間を削ってますね。。。

眠いですけど、集中すると眠く無くなるので頑張って練習しましょう!



目標を持ってギター練習する

目標を持ってギター練習しないと、何をすればいいか分からなくなります。

どんな練習をすればいいか分からないと上手くなるわけがありませんよね?

目標を持って練習することで効率よく上手くなることが出来ます。

では、どのように目標を立てればよいのか参考例をお伝えしていきます。

弾きたい曲・フレーズを弾けるようになる

ほとんどの方が弾きたい曲やフレーズを練習すると思います。

出来ない所を出来るようにする!という目標を立てるのがよいでしょう!

曲の中でも自分が苦手とするフレーズがあるものです。

そこを限られた時間で出来るように練習していきましょう!

体に覚えさせるまで繰り返しやっていきましょう!

出来るところは軽く練習して、出来ない所をガッツリ練習です!

出来ないフレーズを練習するのは疲れますが、逃げていては上手くならないので諦めずに練習しましょう!

弾けるようになった曲・フレーズを理論を含めて理解する

ある程度弾けるようになったら、理論を含めて理解していきます。

これが上手くなるコツかも。

例えば、フレーズを練習していたとしましょう。

そのフレーズが、どのスケールを基に作られているかわかるようにしましょう。

曲を練習するならキーを把握し、コード進行を理解し、ソロはどのスケールで弾かれているかを理解しましょう。

ただ、tab譜通りに弾く練習だけでは上手くなりません。

技術的な面ではtab譜を見ながらで良いと思いますが、ギターが上手い人は理論もしっかりと覚えています。

曲やフレーズから理論を学んで、応用力を身につけるという目標を掲げるのもよいですね!

習得したいテクニックを集中的に練習

ギターテクニックは集中的に練習するのが効率的です!

時間が空いてしまうと忘れてしまったり、腕がなまってしまうからです。

スイープを弾けるようになりたかったら毎日20分はスイープだけの練習しましょう。

速弾きやレガートなどの技術も覚える際も、集中的に練習したほうが良いですね。

テクニックを身に付けると上手くなったと実感できるのでモチベーションも上がります。

ただ、反復練習しないと絶対に弾けるようにならないので、地味で飽きてしまいますが毎日20分練習するようにしましょう!

ソロとバッキング、両方練習する

ソロの練習をする際に、ソロばかり練習してバッキングをサボる人が結構います。

実は、バッキングって結構大事なんですよねー。

なんならソロを練習するよりも大事かも。

ソロを弾きたいなら、まずはバッキングからです!

ソロを練習したいと思っている人は、自分の弾きたいソロのバッキングを中心的に練習する目標を立てたほうがよいでしょう。

バッキングパターンも色々あるし、バッキングを極める目標もありですね!

まとめ

時間が無い状態で上手くなるには、時間の有効活用が必須です。

短い時間で上手くなるには明確な目標が必要となります。

目標が無いと、適当に弾ける曲を弾いて終わり。

みたいな感じになってしまいます。

これでは効率的に上手くなりませんよね?

効率的に上手くなるには工夫が必要です。

時間が無いからこそ、最大限に効率を考えて練習することを心がけましょう!

時間が無いは言い訳に過ぎません。

自分で時間を作って、ギター練習を頑張りましょうね!

ではでは!



ギターカテゴリの最新記事