公開日:

エドシーランのピッキングパターンを2つ学ぶ!

エドシーランのピッキングパターンを2つ学ぶ!

どうもkawarionです!

今日はエドシーランのピッキングについてお話ししていきたいと思います!

なぜ、このお話をするかといいますと。。。

最近、エドシーランの曲をコピーをしていたんですが、エドと何かが違う。。。

そうか!ピッキングが違うんだ!

って気づいたので共有していきたいと思います!笑

エドのカバーをするならピッキングで決まると言っても過言ではない。

それくらい重要だと僕は思っています!

エドの雰囲気を出したいですよね?

エドっぽい演奏したいですよね?

僕もしたい!笑

では、エドシーランのピッキングの世界にレッツゴー!



エドシーランのピッキングパターン1

エドシーランのピッキングの特徴は緩急をつけた鋭い高音だと思います。

低音からの突き刺さるような高音が鳴ることによって勢いが生まれます!

その典型的な例がこれです!

この映像を見てもらえればわかるんですが、低音と高音のメリハリが付いているのが分かりますよね?

ミュート気味で弾くのもエドの特徴ですね。

かすれた音が心地よい。。。

親指と人差し指を使いながら低音と高音を使い分けています。

簡単そうに見えて実は難しいんですよ?

親指もいい動きしてますよね!

さすがエドシーラン。

エドをカバーしたかったらこの弾き方を覚えると良いと思います!

エドシーランのピッキングパターン2

これもエドがよく使うピッキングですね。

こんな感じのピッキング。

これは僕の大好きなアーティスト、アンマリーとのコラボです!

めちゃめちゃいい感じですよね?

アンマリーもぜひ聞いてみてください!

エドはこういうフィンガーピッキングをよく使いますね!

これは非常に有効で、エド以外の曲でも全然使える技となっています!

弦を叩いてパーカッシブにするのがポイントですね!

これでエドらしさが出てくると思います!

そこまで難しく無いのでぜひ覚えましょう!

練習するときの注意点

上記でお話した2つのパターンを繰り返し練習しましょう!

しかし、練習する時の注意点があります。

それは、録音して練習することです!

弾いている時は良い感じに聞こえるんですが、録音してみると全然綺麗な演奏になっていないことがあります。

最初の頃は自分でもビビるくらい下手くそに聞こえたなー。(笑)

それでも上手く弾けていると思ってましたからね。。。

録音して自分でどこが悪いかを修正しながら練習することによってどんどん完成度が上がっていくわけです。

iPhoneなどでもいいので録音しながら練習することをお勧めします!

ピッキングは表現力が大事ですからね。

しっかり練習しましょう!

まとめ

エドの演奏は簡単そうに見えて奥が深いんです。

簡単に真似できないんですよねー。

難しい。。。

エドのカバーは表現力が結構大事だったりします。

ギターでの表現力はピッキングが重要なので、ピッキングが微妙だとカバー自体も微妙になってしまいます。

エドのピッキングパターンを覚えて自分の物にしちゃいましょう!

ぜひ、上記のパターンを会得して、エドの演奏をいっぱい見て研究して、エドに近づけるように頑張りましょうね!

ではでは!





ギターカテゴリの最新記事