リトルマーチンの弦ゲージは気を付けろ!ミディアムゲージをご準備ください。

リトルマーチンの弦ゲージは気を付けろ!ミディアムゲージをご準備ください。

どうもkawarionです!

リトルマーチンをお持ちor購入を考えている方へ伝えたいことがあります!

タイトル通りなんですが。。。

リトルマーチンの弦ゲージは気をお付けてください!

なぜかと言いますと。。。

ミディアムゲージと言う太めの弦を使用するからです。

なぜ、この記事を書こうと思ったかと言いますと。。。

 

もうわかりますよね。。。

間違えてライトゲージを張ってしまったんです。。。

僕としたことが。。。

ちゃんとミディアムゲージを準備してたんですよ?

なのに。。。

 

ライトゲージを張っちまったー!!!

不覚です。。。

なぜライトゲージを張ってしまったかというのは自分が話したいだけなので最後に書きます。(笑)

とりあえず、リトルマーチンはミディアムゲージを張らなければいけない理由から説明していきたいと思います!

では行きましょう!



ミディアムゲージを張らなければいけない理由

なぜリトルマーチンにミディアムゲージを張らなければいけないのでしょうか?

その理由は。。。

 

音がめっちゃ細くなるからです!!!

ちなみに僕はこれで気づきました。。。

音がめちゃめちゃ軽くなってしまうんです。。。

リトルマーチンはショートスケールと言って、弦長が短いギターなので太い弦じゃないと音が細くなってしまうんです。

結果、響きの悪い弱々しい音しか出なくなってしまいます。。。

なので、ライトゲージを張ってしまうと音は鳴るんですが、良い音ではなくなってしまうのです。

これらの理由からリトルマーチンにはミディアムゲージを張らなければいけないわけです。

どれだけ音が違うのか?

とは言いつつ、そこまで音が変わるの?

って思っている方もいると思います。

 

マジで違いますよ!!!

僕もビックリしましたもん。(笑)

リトルマーチンがライトゲージを標準ゲージにしていたら買わないかも。。。

ってくらい違う!

ミディアムゲージだからこそ音の響きであったり、アタック感であったり、抜けが良くなるわけです。

もし、中古でリトルマーチンを買った人でミディアムケージを付けてない人は替えてみてください!

いきなりいい音になりますよ?(笑)

どれくらい音が違うかという問いだったら、僕はこう答えます。

まじで違う!!!!(笑)

ミディアムゲージをおすすめします!

なぜライトゲージを張ってしまったか

では、なぜ僕がライトゲージを張ってしまったかをご説明します。

ここからは僕の自己満になるので興味の無い方は飛ばしちゃってください。。。

僕は主に使っているアコギが2本あります。

マーチンのooo-18とリトルマーチンのLX1Eです。

そろそろ弦を替えようかなと思い、どうせならどっちも替えようと思ったわけです。

 

感の良い方はもうわかりました?(笑)

ライトゲージとミディアムケージを準備して、リトルマーチンから替え始めました。

全部弦を張り替えて、軽くチューニングをしている時に違和感。。。

あれ?なんか音が軽いな。。。

新しい弦だからかな?

そして、アンプに通してジャーンと弾きました。

あれ?なんか音が弱いな。。。

ボリュームをいじったくらいにして。。。

やっぱり変だなと思い、生音でしばらく弾いていたら。。。

あ!!!

ライトゲージ張っちまった!!!

ホント最悪です。。。

ooo-18に付け替えようにも余った弦は切ってしまったから長さが足りないし。。。

弦1セット無駄になったー。(笑)

という事です。。。

皆さんも気を付けてくださいね!

まとめ

もう一度言います!

リトルマーチンはミディアムゲージを張ってください!

僕みたいにライトゲージを張ってはいけませんよ!

しかし、僕はいい経験をしました。

だって、同じギターでも弦が違うだけでこんなに音が違くなることを確認することができたので!!!

っていうプラス思考で行こうと思います!(笑)

けど、一つ自分を褒めたい事があります。

 

よく気付いた!!!(笑)

けど、これは本当に分かりやすかった。

次からは気を付けます。

皆さんも気をつけてくださいね!

ではでは!





ギターカテゴリの最新記事