公開日: 更新日:

残業時間が多い人生で本当に良いのか。人生の限られた時間をどう使うか。

残業時間が多い人生で本当に良いのか。人生の限られた時間をどう使うか。





どうもkawarionです!

皆さんは残業は多いでしょうか?

仕事の拘束時間が長いと精神的にも辛いものがありますよね。

毎日毎日残業。。。

好きな仕事や自分で起業した方はやりがいが残業があっていいかもしれません。

仕事が楽しいと思える方はいいでしょう。

しかし、世の中の大半の人は好きで働いている人ではありません。

生活の為にやりたくもない仕事をこなしています。

そんなモチベーションでの残業はストレスですよね。

残業ばかりの人生で本当に良いのでしょうか。

今日は残業について僕なりにまとめた事を書いていきたいと思います。

残業は自分の命を削っている

残業は自分の時間を使って行っています。

つまり、自分の命を消費しているわけです。

定時退社にしても、会社に自分の命を払いながらお給料を貰っています。

自分の労働と時間の対価として給料をもらうわけです。

なので、残業は自分の時間を会社に与えているわけなので、自分の命を少しずつ差し出しているわけです。

こう考えると、定時退社したくなってきませんか?

定時退社でも8時間は労働時間で拘束されます。

そこからの残業。。。

それを毎日。。。

あー、やってらんねー。(笑)

まず、残業は自分の命を削りながら行っていると考えてください。

なぜ残業があるのか

残業がなければ自分の時間を多く取ることができますよね?

自分の時間が欲しいのに残業しなければいけない。

では、なぜ残業があるのでしょうか。

日本は残業が多い国です。

他国から生産性が悪いと言われています。

しかし、日本の技術は大変優秀で機械などを自動化して労働力削減を図ったりしていますよね?

物を作る生産能力は高い水準を保っていると思います。

それでも生産性が悪く、残業が多い。

これには他の理由があるんじゃないか。。。

それらの理由がこちらです。



無駄な作業が多い

日本には無駄な仕事が多いと思います。

というか、今までやってきたことを変える勇気がない。

または、無駄な事を気付いていない?

メールにしてもそうです。

日常では使わない堅苦しい言葉を色々入れなければいけませんよね?

同僚同士だったら一言で終わる内容の会話も、企業とのメールとなると長くなる。

メールを打つ時間を一生で考えたら、堅苦しく難しく作るメールはめちゃめちゃ生産性が悪いと思います。

逆に、細かいところまで気にせず日常会話レベルでのメールだったらめちゃめちゃ生産性は上がりますよね?

小さいところから無駄取りをしていけばまとまった時間を削減できるはずです。

僕が見てきた中での残業の例は、無駄なデータを取って残業してたり、そこまで重要でない内容の事を話し合って残業したり。

残業時間で行う内容ではないと感じます。

そこまで来ると、残業したいのかな?って思ってしまう事もありました。

今まで、当たり前にやってきたことを見直し、無駄を排除していけば少しでも早く退社できるのかなと思います。

過剰品質

上記の無駄な作業が多いに似ているかもしれません。

日本は過剰品質になっている所があると思います。

そこが日本の心だと言われればその通りなんですが。。。

良くも悪くも過剰品質だと思います。

無駄なサービス精神が多すぎます。

もっとシンプルに行える作業も、相手を気遣い時間をかける。

相手が気にしていないかもしれない所まで気を遣う。

全部が全部ダメなわけではないのですが、見直す要素でもあると思います。

労働力不足

物凄く効率的に働き、無駄なものを一切省いて仕事をしても残業になる。

これは確実に労働力不足ですね。

人が足りなければ残業になるのは当たり前です。

会社が人を投入してくれない事には厳しいですね。

こればかりは自分の力ではどうしようもありません。

上司などに人が足りないアピールをしながら、新しい人が入ってくるまで残業するしかないですね。

生活残業

個人的に思うのは、これをやっている人は結構います。

日本の残業が多い理由はこれじゃないかとも思います。

仕事があるのに急いでやらないでマイペースに作業し残業する。

仕事がないのに仕事を探して残業していく。

無駄な仕事を作って残業する。

こういう人は多いです。

まあ、仕事はお金を稼ぎに来ていますからね。

自分の時間を削ってでもお金が欲しいのだと思います。

家族がいる方はお金をいっぱい貰ったほうが幸せな家庭に出来る可能性がありますからね。

マイホームやマイカーなどの借金がある方、お金に余裕のない方は少しでもお金が欲しい。

仕事を頑張って早く終わらせても給料は上がらない。

むしろ、残業代が付かないので安くなる。

なら、ゆっくり仕事をして残業代を稼いだ方がいい。

こういう悪循環が生活残業がなくならない要因なのかと思います。

残業がある無しではどちらが良い?

では、皆さんに聞きます。

残業はしたいですか?したくないですか?

したくない方が多いと思います。

ちなみに僕はしたくない!(笑)

しかし、お金がある方がいいか?無い方がいいか?

と聞かれたらどうでしょう?

ある方がいいと答えますよね。

お金が欲しい人は残業をしたい!

残業してまでお金が欲しいと思わない!

人によってタイプが違うと思うので、自分が好きなようにやるのが一番だと思います。

ただ人に迷惑をかけない程度にしましょうね。

残業が無いと可能性が広がる

残業が無いと自分の時間が増えます。

自分の時間が増えると人生の可能性が増えてきます。

家族での時間が増えるので、家族間の絆を深くすることができる。

友人たちと仕事終わりに集まって、飲み会や食事をして楽しめる。

自分の趣味や没頭できるものに時間を使える。

仕事をしているより、ずっと楽しく人間らしく生きることが出来ます。

お金を求めて残業するのも有りだと思いますが、帰れるのであれば帰宅し、自分の時間を大切にした方が良いと僕は思います。

お金が足りない!というのであれば、もっと給料が良い会社に転職した方がよいかと思います。

残業するパワーを転職に使ったほうが人生のトータル収入は上がると思います。

残業に頼った生活は危険がいっぱい

残業に頼った給料は不安定です。

いつ、会社が傾くかわかりません。

その時に、今と同じように残業出来るとは限りませんよね?

今の残業込みの年収でローンなどを組んでしまうと残業がなくなった時にヤバイ状態になりかねないですよね?

残業をするとお金も増えますが、金銭感覚もそれなりになります。

残業が無ければ、固定給での生活水準となるので安定するんです。

なので、残業代で稼ぐのではなく、何か違うお金の稼ぎ方を学んだ方が良いと思います。

まとめ

残業は会社員である以上、永遠のテーマですよね。

ただでさえ、仕事に行くのにはパワーが必要ですから。

仕事の前の日には憂鬱になり、休みの前の日には嬉しくなるものです。

そんな中、残業をしないといけないなんて。

そして、世の中には自分から残業をしてお金を稼ぎたい人もいます。

何も会社だけでお金を稼ぐ必要はありません。

自分の好きでも無い仕事で残業しても人生にとってプラスにはなり得ないのでしょうか?

若い頃は良くても、歳を取ったら後悔するのでは無いでしょうか。

あの時、もっと違うことをしておけばよかったと。

僕はそう思うわけです。

しかし、理由はどうあれ残業をしているのは自分自身です。

残業が多い会社で働くのも自分にスキルがないからです。

仕事が終わらないにしろ、給料の為にしろ自分自身の決断で問題は解決します。

残業が嫌なら残業が少なく、給料が高い会社を探して転職すればよい話です。

そうすれば、今の給料と同じくらいで今よりも時間がある生活を送ることが出来ます。

朝早く出勤し、日が暮れてから帰る。

こんな生活が嫌な方は、情報をリサーチしながら明るい未来の為に行動したほうが良いでしょう!

今の会社で改善をし、残業を減らすも良し。

情報を集めて、転職するもよし。

自分の時間は宝ですよ!

長いスパンで物事を考えてより良い人生を送れるように頑張っていきましょうね!

ではでは!

無料で登録できて転職の情報を手に入れることができるのでおすすめです!

仕事・生き方カテゴリの最新記事