バンドボーカルの辛い理由。メンタルが強くないとボーカルは務まらない。

バンドボーカルの辛い理由。メンタルが強くないとボーカルは務まらない。





どうもkawarionです。

バンドの顔であるボーカル。

ボーカル次第で、バンドのイメージや人気などに影響していくと言っても過言ではありません。

今日は、そんな華のボーカルを掘り下げて話していこうと思います。

なぜかって?

バンドのボーカルって結構辛いことが多いから!

特に、ボーカルだけやっている方は大変だったり寂しかったり。

僕も2回程、ボーカルを務めた事があるんですが大変だったなー。

とりあえず!!!

お話していきましょう!

体調管理が大事

いくら楽器隊が上手くても一生懸命練習してもボーカルが喉を壊したら終わりですよね。

そうです!

ボーカルは風邪なんてひけません!

体調管理が必須となります。

風邪をひいたらもう最悪。。。

風邪以外にもありますよ。

お酒の飲みすぎで酔っ払ってしまい、二次会でカラオケ。

そこで調子に乗って、叫びすぎて声が枯れてもいけない。

喉が命のパートですからね。

ボーカルが潰れてしまったら曲も成り立ちませんしね。

ギターやベース、ドラムなども腕を骨折したりすると弾けなくなるのでボーカルと一緒だと思いますが、ボーカルの方が確立は高いです。

骨折するのと、喉の調子をおかしくしてしまう確率はもちろん、喉ですよね?

責任重大ですよ。

楽器隊はタバコを吸ってもいいし、お酒も飲んでもいいので気が楽です!

ボーカルは声が出なくなったら終わりなので、そういうところに気を使わなければいけません。

ライブの前の日に喉が痛くなったら。。。

怖い怖い。。。

マスクとのど飴は必須ですね!

楽器を弾かない孤独

ギターボーカルだったら問題無いんですが、ボーカルだけの方はこの気持ちを感じた事ありますよね?

バンド練習の前や途中でに楽器隊がジャムるんですよ。

その時のボーカルの暇さと言ったら。。。

寂しいものがあります。

ギターボーカルだと自分も弾けるので楽しいと思いますが、ボーカルだけの方は寂しいですよね。

僕も最初のバンドはボーカルのみだったの、であの時間は結構暇でした。(笑)

なので、次のバンドではギタボをしました。

やっぱりみんなで演奏するほうが、僕は楽しかった!

人それぞれ、タイプによると思いますがボーカルは孤独になる時がありますね。



曲を作る大変さ

大体、ボーカルが曲を作りますよね?

ボーカルが想いを込めて歌うには自分で作った方が間違いなく良いでしょう。

曲を作る時の大変さは、なかなかのものです。

まずは、自分が納得するものを作る。

しかし、バンドメンバーに聞かせて微妙な反応だと作り直したりするし。

曲が出来て、他のバートを乗せていくんですが、自分の思った通りに作りたいですよね?

その時に、バンドメンバーとの感性が違うと微妙な空気になったり。

バンド活動していく上で、バンドの管理をしなければいけないのでバンド内で浮いてしまうこともあります。

ボーカルには人間関係をうまくこなす能力が必要ですね。

協調性も必要です!

独りよがりになってはいけませんよ!

ボーカルが第一印象となる

これです。

ボーカルがそのバンドの第一印象になります。

ボーカルが下手だったらファンは増えないですよね?

絶対的に歌唱力がなければ人気になり得ないと思います。

楽器隊がめちゃめちゃかっこよくて、歌入ったら微妙ってのはどう思います?

音源だけ聞いた時に人を惹きつける何かを持っていないとバンドは生き残っていけません。

ボーカルの人はそこを自覚して努力しなければいけませんね!

自分なりの特徴を見つけて人を魅了していきましょう!

MCをしっかりこなさなければ!

ボーカルはMCもしなれけばいけませんね。

口下手な人は結構ハードル高い。

MCって結構大事で、ライブの時にどういうバンドかがわかります。

どんな気持ちで、リスナーに何を伝えたいのか。

バンドメンバーと楽しそうにやっていると良いバンドだなーって思います。

MCがしっかりしていないとバンドの印象が微妙になってしまうし、ライブの完成度も落ちてしまいます。

MCは真面目に何かを訴え、時に笑いを入れて、観客を楽しませてあげないといけません!

色々なバンドのライブを見て研究するのが大事ですね!

ボーカルはやりがいもありますが、MCもこなさなければいけないので苦手な方は辛いところですね。

まとめ

ボーカルは色々やらなければいけないことが多いし、責任も重大です。

音楽が本当に大好きで、バンドが好きな人じゃないと続けられません。

しかし、本当に音楽が好きでバンドが好きな方はボーカルをやれると思います!

体調管理だって怠らない。

曲の事を常に考えることが出来る。

歌が下手だったら練習すればいい。

声に特徴がないなら自分なりの歌い方を見出せばいい。

MCも練習すればいずれ上手くなる。

バンドの顔であると自覚し、身なりもそれなりに整える。

やることがたくさんですよねー。

ボーカルは大変だ。

辛い事も多いでしょう。

しかし、やりがいも絶対あるはずです!

ボーカルになりたい方は覚悟を持って努力しましょうね!

あと、歌は絶対上手くなってくださいね!

ではでは!




音楽カテゴリの最新記事