公開日: 更新日:

アパートで夜にギター練習したいならこれ!

アパートで夜にギター練習したいならこれ!





どうもkawarionです。

最近の僕の悩みを聞いてください。。。

それは夜にギター練習が出来ない事です!

なぜかと言いますと、集合住宅に住んでいるからです。

アパートですね。

しかも、僕の場合は生後4か月の子供もいるので、夜は静かにしていないといけません。

一軒家だったらギター部屋を作って小さい音で弾けるんですが、1LDKではきついですね(笑)

夜練習出来ないからといって練習しないと下手になってしまうし、上達もできませんよね?

同じ経験をしている方もいると思います!

そんな中で、夜でも出来る練習方法を見つけたので、紹介したいと思います!

試してみていいなと思ったら日々の練習に取り入れてみてくださいね!

では、行きましょう!

フィンガリングの強化!

音を出さないで練習するには、ピッキングはNGですよね?

本当はフィンガリングとピッキングはセットで練習したいところなのですが、音が出せない以上、仕方ありません!

それで、どういうフィンガリングの練習をするかというと。。。

スケールを色んなポジションでフィンガリングだけで練習します!

ハンマリングやプリングもやりたいところなのですが、エレキだったらいいんですがアコギだと結構な音量になってしまうんですよねー。

僕みたいに隣の部屋で子供が寝ていたりするとエレキでも音がしてしまうので、スケールだけにしました!

しかし、これが効果抜群!

音の出せる環境だとスケール練習は適当になってしまうことがありませんか?

僕はスケール練習しないで曲を弾いたりしてましたね(笑)

しかし、音が出せないとスケールのポジション把握だけに集中します。

そうなるとスケールがすらすら覚えられるんです!

そして、色々なポジションで弾けるようになるとギターソロやアドリブの時にすごく重宝します!

ギターを始めた頃はスケールなんて弾けなくていいや!

って思ってましたが、ある程度弾けるようになってくるとすごく大事だと思うようになります!

なので、皆さんもスケールは覚えれるだけ全部覚えましょうね!

そして、覚えたスケールをより早くフィンガリングできるようにしていきます!

そうすることによって、音を出せる時にピッキングとシンクロさせるだけになります!

これは、効果大なので試してみてください!



薬指と小指の強化!

薬指と小指ってなかなか動かしづらいですよね?

プロの中には薬指を使わない人もいますが、使えるようにしておくだけ損はありませんし、技術の向上になると思います!

ひたすら薬指と小指で上がったり下がったりします!

ひたすらです!(笑)

慣れてきたらスケールを二本の指だけで弾いたりします!

これが結構疲れる!

慣れてない方はイライラするかもしれません(笑)

しかし、これを乗り越えなければうまくなれないと思えば頑張れるはずです!

テレビでも見ながら気長に頑張りましょう!

まとめ

音を出せないとやれることが限定されてしまいますよね。

しかし、やれることはあるはずです!

上記以外にも、練習中の楽曲のフィンガリングを練習したり、座学をしたりとやれることはあります!

自分なりに工夫をして練習した者にだけ、ギターを気持ちよく弾くことのできる権利が与えられます!

夜は大きな音は出せませんが、逆に日頃忘れがちな練習を出来ると思って、夜の時間を有効活用していきましょうね!






ギターカテゴリの最新記事